NEWS

※奇跡のレストラン①の続きです。

 

実は、マリさんは先天性脳性麻痺という病気でこの世に生まれました。

 

『生まれたとき、私は20歳まで生きる可能性は0%だとお医者さんから告げられた。

でも私のおばあちゃんが

「今からのマリ子の体は、今から口にするもので全て作られる。」

という考えで、徹底的にこだわった手作り料理を食べさせてくれた。

学校も近所の同級生たちと一緒に地元の学校に通って、

可能な限り同じように授業を受け、とても厳しく育てられた。

でもそのおかげで体もとても強くなったと思う。

これまで病気をしたときも薬は一切飲んだことがない。

体にいい食事と、体が持つ自然治癒力で治してきた。

おかげで今でもピンピンしている(笑)。』

 

そう笑顔で話すマリさん。

「ピンピンコロリ」がマリさんの理想の人生の終わり方だそうです。

 

数年前、私たちはマリさんの還暦のお祝いをしました。

20歳まで生きる可能性0%と言われたマリさんは、その3倍以上長生きしていて、

今もとても元気にみんなの食事を作ってくれています。

 

私たちの体と心は食べるもので作られます。

 

アトピーやアレルギーなどの具体的な体質改善はもちろん、

精神的なことや性格も食事によって改善されます。

何が良くて何が悪いかはいろんな考え方がありますが、

私たちは野菜を中心とした手作りの食事で、

マリさんの体に起きた奇跡をもっとたくさんの方に伝えたくてこの事業を始めました。

 

体を作ったり治したりするのは薬じゃない。

日々口にする食べ物なんです。

 

クロフネファームでお出しするお料理も、野菜料理を中心として、

手作りにこだわり愛情をたっぷりこめて作っています。

マリさんに監修してもらった料理もたくさん出てきます。

口にする食べ物で体と心に必ず奇跡が起こります。

 

私たちはそんな『奇跡』をたくさん作りたくてこの事業を行っています。

 

以前、お客様からのアンケートで

『私は摂食障害という病気で、普段、食事がほとんど取れません。

でも今日、ランチで伺って自分でもびっくりするぐらいの量を食べることができました。

ホールで働いている障がい者スタッフさんのがんばりもすごく励みになり、これからしっかりと病気も治していこうと思います。』

という内容のものを頂きました。

 

小さな奇跡が少しずつ起こり始めています。

 

≪奇跡のレストラン③≫に続く

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。