NEWS

7月28日、ヒロくんと一緒にヒロくんの生まれ故郷の

高知県で講演会に呼んでいただきました。

 

交通手段をあれこれ考えたんですが、車が一番便利がいいということで、

往復16時間の長旅になりましたが、台風もギリギリかすっただけで

実に楽しい旅になりました♪

 

高知県にはヒロくんファンの皆さんがたくさんいらっしゃって、

会場の中には小学校の時の先生もいらっしゃいました。

約2時間ぐらいの講演会だったのですが、

その中で15分ほどヒロくんと一緒に壇上で話をさせてもらって、

『あのヒロが…』

と、みなさんウルウルされていらっしゃいました。

僕は高知にいたころのヒロくんはほとんど知りませんが、

きっとこの1年半の成長ぶりを見て、みなさんビックリされてたと思います。

みなさんの前でしっかりと話すヒロくんを見て、

 

『もっとペチャクチャおしゃべりだったヒロくんが、こんなに真面目に話すなんて。。。

 久々に会って緊張してるの?それともどこか具合が悪いのかしら?(笑)』

 

なんて質問も飛んでましたが、

『クロフネファームのスタッフとしてきてるんで。』

と、言うヒロくんはとてもたくましく見えました。

 

懇親会も10名ぐらいの昔からの知り合いの皆さんとワイワイ飲んで食べてしましたが、

ヒロくんのお母さんが、

『昔からヒロは周りの方に恵まれました。』

とおっしゃってたように、

みなさんとても嬉しそうにヒロくんの成長ぶりを眺めていらっしゃいましたし、

懐かしい昔話にたくさん花が咲いていました。

 

身近に障がい者の方がいると、学ばなくても自然と『障がい者理解』は身に付きます。

でも、僕もこの仕事を始める前はそうだったように

普段、障がい者の方との関わりがほとんどないと、

なかなかに『障がい者理解』はできないでしょうし、

『障がい者雇用』というところに積極的になるのは難しいと思います。

特に地方に行けばいくほど、その壁は高く感じられます。

 

今回の講演会を通して改めて思ったことは、

私たちが今、関わらせていただいている仕事は

実際に働きに来ている障がい者さんたちのためということも、もちろんありますが、

講演会やインターネットを通じて各地に情報発信をして、

障がい者のみなさんの働く場を増やすこと、

そして、雇用する側が受け入れをしやすくするためにもがんばらなくてはと思いました。

 

今回、会場に来てくださった皆さんの顔を見て、改めて思いました。

みなさんヒロくんの成長をとても喜んでくださってましたから。

 

また、1年後ぐらいにもう一回り大きくなったヒロくんの姿を

みなさんにお見せできればと思ってます。

 

高知県のみなさん本当にありがとうございました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。