NEWS

【笑顔振りまく私は大道芸人】

 

クロフネファームの障がい者スタッフさんの中には、

生まれながらの先天的な方と、

あるとき、事故や病気がきっかけになった後天的な方とがいらっしゃいます。

 

今回、ご紹介する小林さんは後者のスタッフさんです。

こんなに笑顔がとても素敵。

ずっと大道芸人をやっていて、たくさんの人を笑顔にすることを

喜びとして活躍していたそうです。

 

ところが、あるとき突然、脳梗塞になり

それ以来、左半身が不随になりました。

 

大道芸人が体が不自由になる。。。

それは僕らが想像できないくらいショックなことだったと思います。

今まで当たり前にやれてたことが突然できなくなる。

今まで通りみんなを笑顔にすることができなくなる。

 

失意のどん底で小林さんは毎日、

『死にたい、死にたい。』と思っていたそうです。

リハビリもやる気が出ない。

これからのことも考えられない。

 

先日、小林さんからそんな話を聞きながら、

『でも小林さんは今とっても元気ですよね。

何がきっかけでそんなに前向きになれたんですか?』

と訊ねました。

小林さんは、

『仲間です。』

とおっしゃいました。

横浜に住んでいた大道芸人仲間が、

『一緒に寿司でも食おう』と

駆け付けてくれました。

仲間に励まされ、もう一度前向きになれた小林さん。

 

クロフネファームに働きに来てくれているのはごく最近からですが、

誰よりも一番元気にあいさつをされますし、

会うスタッフ一人一人にとても元気に話しかけます。

 

『おはよう!〇〇ちゃん!お、今日も元気やな!』

『あれ?髪の毛切った?すごいかっこいいやんか!』

『今日もオシャレな服着てますね。似合うわー』

 

いいところ探しの天才といいますか、褒めるのがとても上手な小林さんの周りは

いつもみんなの笑顔で溢れています。

 

笑顔を振りまけば、周りも笑顔になり、その笑顔は連鎖していきます。

大道芸人として芸をせずとも周りを笑顔にできる、

そんな小林さんが僕はとてもすごいと思います。

小林さんいつもありがとうございます。

あなたのおかげでクロフネファームのスタッフルームには

とてもやさしい空気が流れています。

 

そんな小林さん、今、片手でピアノの練習をしているんだとか。

大道芸人としてもう一度舞台に立つんだそうです。

素晴らしい!素晴らしすぎる、小林さん!

もちろん僕らも全力でバックアップさせていただきます。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。